ワーホリ使って何ヶ国でスキーができるかチャレンジsnowtodirt’s blog

スキーイントラ生活inオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、ニセコ

アルゼンチン ブエノスアイレス

ワーキングホリデーのはじめ、面倒くさいのが働くための一連の手続き。ワーキングホリデービザはありますが、ケータイSIMを買って、設定して、税金登録や銀行開設といったもろもろがついてまわるのです。はぁ、この一連の作業をする1日はいつも憂鬱。しかも今回は英語が通じない。どうなることやら。

 とりあえず、東京のアルゼンチン大使館から頂いた手順にそってやってみました。

 
f:id:snowtodirt:20180618103100j:image

 

1,ブエノスアイレス中心部のショッピング街でsim購入。下調べによると大手通信会社はMovistar, Personal, Claroの3つ。はじめに通りがかったのがClaroのお店だったのでとりあえず入ってプリペイドの6ヶ月使えるSIMください, prepagadoで通じました! やった! simが手に入って、お金払って、でも登録のしかた、チャージの仕方がわからなかったのでお店の人に全部やってもらいました。zenfon使えました。

 

2,CUIL

オーストラリアのTFN Tax File NumberやカナダのSIN Social Security Numberみたいなもので働く為にはコレが必要なのだとか。

f:id:snowtodirt:20180618101513j:imagef:id:snowtodirt:20180618101535j:image

 

 

パスポートの顔写真ページとワーホリビザのページのコピーを持ってANSESオフィスへ。受付番号をもらったら、画面に自分がもらった番号が出るまで待ちます。銀行みたいにブースに呼ばれたら必要書類を提出して、必要書類に個人情報を記入して、片言のやりとりでなんとかCUIL貰えました。

 

3、銀行

 Banco Ciudadに行って、"abrir caja de ahorro"でなんとか通じました。お姉さんに聞かれた質問にもたついていたら、隣のブースから研修中だけど英語が話せるお兄さんが顔を出してきて、お姉さんと私の通訳をしてくれたのでおおいに助かり、なんとか銀行口座開設完了。

 

良かった~、1日で全部終わった!

これで安心してバリローチェへ行ける!