ワーホリ使って何ヶ国でスキーができるかチャレンジsnowtodirt’s blog

スキーイントラ生活inオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、ニセコ

オーストラリアのスノースポーツスクールにおけるインストラクター(以下イントラ)の現実21

1、期間:オーストラリアのシーズンは6月中旬から9月末。雪が良いのは8月。朝はカリカリのアイスバーン、気持ちよくカービングが決まる感じで、午後はグサグサ春雪、またはザラザラの砂糖雪。

 

2、募集は1月から開始。オンラインでアプライし、スカイプ面接で決まる。

 

3、忙しい時期と暇な時期にムラがある。南半球は6月の後半から7月2週目までがスクールホリデー。ほぼ2週間から20日間、1日6-7時間働きっぱなし。7月後半は一旦落ち着いて、そのあと8月は大会に出る子どもたちや、雪が良いのを知っていて子どもの学校を1週間休ませて来る家族ずれでそこそこ忙しい。9月に入り落ち着くが、イントラの試験の為、人が少なくなるのでこれまたそこそこ忙しい。

 

4、北半球からイントラが集まるので色んなスキーメソッドに触れられる。カナダ、アメリカ、オーストリア、フランス、イタリア、スペイン、ドイツ、チェコスロバキア、ロシア台湾、韓国、そして日本

 

5、APSIの資格はレベル1から4まで。Free Ski(いわゆる実技でショート、ロング、リズム変化、コブ、オフピステなど), Demonstration ski(低速種目;プルークボーゲン、基礎パラレルやシュテムターン、ベンディングターン、横滑りなど), Teaching(Level1が15分程度、level2が20分くらい、level3で30分程度、level4が30分~40分を2つ), Theory(ペーパー、筆記試験), skier Analysis(ビデオを見て答える) の4つの試験をすべてクリアして合格。これにレベル4はレーシングのタイム計測がある。

どのレベルも4日間程の雪上講習を受講してから試験を受ける。ただしレベル4に至っては1週間ティーチングと低速種目、1週間スキーイングとレーシングの合計2週間のトレーニングを受けてから3日間の試験を受ける。合格率はレベル1で96%(400人)、レベル2が69%(97人)、レベル3で30%(45人)、そしてレベル4が28%(15人)(再受験も含む)。お金もかかる。レベル1が820ドル(年会費や試験トレーニングコース費と試験費用、教科書代含む)、レベル2はトレーニングコースが385ドル、試験が465ドル、レベル3がトレーニングコース645ドル、試験費用が465ドル、レベル4はトレーニングが1290ドル、試験費が645ドル。もし試験に一発合格できなければ再試験。一つのセクションにつき125ドルかかります。ひぇ~。

 

6、全てはヒエラルキー。レッスンはイントラの資格順に割り当て垂れる。その為1、2年目やレベル1や2のイントラは暇な時期、1日2時間しか働けなかったなんて事も起こりうる。上級者やレーシングやフリースタイルのレッスンもそのコーチングの資格を持っていたり、fully certifiedフルサート(レベル4)だったり、要はそのレッスンにふさわしい資格を持った1番上のランクのイントラに振り分けられる。

 

7、Inter Schoolのレッスンはピンからキリまで。オーストラリアはスキーもスノーボードもレーシングやフリースタイルが盛ん。Inter Schoolは学校ごとの3人1組のチーム対抗でGSとスキークロスモーグル。地区大会、州大会、そして全国大会へと勝ち上がっていく。たくさんの子が軽い感じでレースに出るので、スキー経験5日目のハの字でゲート、旗門に入るなんてことも。赤、青、赤、青、スルーと教えるところから。でも用具は一級品。もちろん将来の有望株もたくさん。10歳でモーグルコースを上から下まで一直線、途中のジャンプ台では技も入れてきます。

 

8、総じてワーキングホリデービザの人や、レベル1、2のイントラたちは夕方や夜、別の仕事でアルバイトしてたりする。レッスンだけで食べていけるようになるまでは少し時間がかかる。

 

9、スキー場から離れた町に住むため通勤に1時間はかかる。

 

10、ブーツのせいで足のあちこちの骨が出てくる。そして痛い。気温が総じて高いので北半球で働いている時よりもブーツの中で足が動くからとにかく痛い。もちろん、ブーツはいろいろ直すけどくるぶしは痛いし、内反小趾、外反母趾なんて人もたくさんいる。初心者レッスンやkidsではスロープを歩いてのぼって、下っての繰り返し。

 

11、1週間、kidsエリアの中なんて事もある。イントラになりたての頃はkidsにいるとなかなかフェンスの外に出られない。ひたすらマジックカーペットを登って、降りて。泣いてる子をあやしたり、運動嫌いの子を励ましたり、ヤンチャ坊主がkidsエリアから逃げ出さないように目を光らせたり。ランチのお世話をするのもイントラ。

 

12、kidsはお昼が出るのは嬉しいけど、もはやゆっくり座ってなんて食べられない。自分のクラスの子どもたちのレッスンタグをチェックして食物アレルギーがないかやハラルフードとかベジタリアンとかスペシャルなサポートが必要な子を確認。自分のクラス全員にお昼を配ったり、水やジュース、デザートまで何が欲しいか聞いて全部サポート。ジュースが何種類かあって1人ひとりに聞くのが面倒くさい時はスペシャルミックスジュース作戦。全部混ぜる!ドヤ!立ちながら、歩きながらブリトーをかじるなんて当たり前。

 

13、雨の日も風の日でも働く。雨はよく降る。レインコートはユニホームの一部。ホームセンターで1000円の除雪用のグローブは必需品。Gore-Texのグローブは雨の日には役に立ちません。いくら風が強くてリフトが止まっても、T-Barは動かす。どんだけチケット代返金したくないねん(笑)

 

14、寒さよりも暑さ対策が重要。特にシーズン終わりは+5~6度。

 

15、紫外線の強さは日本の比べ物にならない。ジリジリとはまさにこのこと。もちろんみんな日焼け止めは塗りたくるし、お客さんにも塗るようにスキー場が無料で配布してるけど、それでも焼ける。ま、ゴーグル焼けはイントラの勲章なのでみんな気にしない。

 

16、運が良ければ雪上でカンガルー、ウォンバット、エキドナ、ポッサムに出会える。さすがオーストラリア。同じだけ、スキー場へ上る道路わきで、車に引かれたのにもたくさん出会う。なむあみだー(Wildlifeのオフィスの人は車に激突したウォンバットやカンガルーのポケットの中に生きている子どもがいないかチェックはしますが、死体の回収はしない。自然に任せるのだ。まさにわいるどー。)

 

17、総じて時給は日本よりもずっといいけれど、その分食費と宿泊費もその分かかる。時給18ドル~40ドル。一週間のRentが200ドル。ひぇ~。

 

18、お客さんは主にはオージーだけど、アジア圏からもお客さんがくるし、いろんな国の方とスキーができるのはやってて楽しいし、新しい発見がたくさんあるし、何せ、雪を見たことがない人がたくさんいるので、みんな目がキラキラしてる。同じオーストラリアの冬でも、クイーンズランドの北のほうやノーザンテリトリーは冬でも30度越えなので、彼らにとってマイナスの気温や雪は未知の世界。またスキーしにきたいって言ってもらえた時はとっても嬉しい。

 

19、100キロ超のお客さんもいっぱい。それを支えてあげるのも仕事のうちです、はい。でもさすがはスポーツ大国オーストラリア、運動神経がいい人が多い。ラグビーやオーストラリアフットボール、水泳、サーフィン、女子でもサッカーやネットボールで鍛えられた人が多い。一瞬、巨体に「おお」と思ってしまうけれど、案外みなさんバランス感覚が優れている。よかったー。ま、スキーの板に立ってるだけで板、たわんでますがな。

 

20、シーズン中にWhistler Blackcomb, Vailなど北半球のスノースポーツがリクルートに来るので、オーストラリアにいる間に次の北半球シーズンの仕事を見つけられる。結局、数か月後、同じようなメンバーで別のスクールで「Hi」と言い合ってる。イントラの世界は狭いのだ。ゴシップニュースは瞬く間に拡散。

 

21、9時、10時には就寝。雪上に6時間、7時間、スキーして、笑顔を振りまいて、帰ってくる頃には心地よくくったくた。夕飯を食べて、9時にはベッドに入り、ウトウトしながら10時にはぐっすり。映画Aspen extremeやHot Dogの影響?でスキーのイントラの印象って、毎日飲んだくれて、パーティーってイメージだけど、それはルーキーと呼ばれる1年目のイントラのみ。若くもなくなってくればそんな体力ありません。もちろん、お酒・パーティーが好きな人はお給料日にはバーへ繰り出すけどね。

スキー教師生活in Perisher オーストラリアについて

ただいまAPSI(Australia Professional Snowsport Instructors) スキーレベル4、スノーボードレベル1

 

もともと学生のときにスキースクールでイントラのアルバイトをして、オーストリア(ヨーロッパのカンガルーのいない方)からデモが来た時に、夏にオーストラリア(カンガルーの方、南半球)のFalls Creekでイントラをしていたと聞いたのがきっかけ。ワーキングホリデービザでオーストラリアへ行けることがわかるや、そこからオーストラリアのスキー場およびスキースクールを調べあげて、あとはアプライするのみ。

ニュージーランドおよびオーストラリアのスノースポーツインストラクターjobの募集が始まるのが1月から。オンラインで連絡先、必要事項、個人情報を提供して、資格のコピーとカバーレターを添付したら応募は終了。面接の連絡はemailできて、面接かとおもいきや、コンピューターに質問が表示されてそれに答える形式。まるで英語のスピーキングテストを受けているみたい。何を質問されたのかは、覚えてない。そのあとjob offerがメールで届く。

 

Perisher

Perisher valley, Blue Cow, Smiggins, Guthegaの4つのエリアから成り立つスキー場で、南半球で一番滑走面積が大きい。積雪は、一番雪の量が多い8月で150㎝~200㎝、朝はカチカチ、午後はぐさぐさというのがここの雪質を表すのに適しているのではないでしょうか。

 

宿・家

多くのスタッフはジンダバイ、40分ほど車で走った町に住んでいる。同じくお客さんも半分以上はジンダバイに滞在している。なぜなら宿代が安いから。山の上はラグジュリーな宿ばかりで一泊300ドルからといったところ。ちなみに山の上のスタッフアコモデーションにひと冬住んでみたが、まあ当時22歳だったからギリギリ住めたというところ。ユースホステルにひと冬住んでいたような感じで、パーティー、パーティー、パーティー。3人1部屋、繁忙期には50人が住んでいて、キッチンは20個の冷蔵庫が並び、キッチンのシンクの中は使った後の食器やフライパンでいっぱい。若気の至りで、もうあんな生活は無理。

数シーズン、イントラをしている人たちは、顔見知った仲間5~6人で家を一軒借りてすんでいる。今年はバルコニー付き、レイクビューのお家に6人で住む。住むところに苦労するのはイントラの宿命。そしてスキー場の周りというのは観光地なのでドコも(ウィスラー、クイーンズタウン、ジンダバイン)地価が高く、家賃に苦労するのがスキーバム。

 

 

交通事情

公共交通機関およびスキー場が運営しているシャトルバスなんてのはなし。アメリカのVailと提携(買収された)したりビジネスする気満々なのに、肝心なところが整っていない。貧乏スキーヤー・ボーダーは来るなということか(笑)

それはさておき、ジンダバインからペリッシャーへ行く方法は二つ。一つ目は車で30分、Skitubeという登山電車の駅まで行って、登山電車で10分上がる。二つ目は車でペリッシャーまで上がる方法。しかしスノータイヤなんてあるはずもなく、シーズン中は山へ上がる途中からチェーン規制がかかり、しかも雪道を運転したことのない車が立ち往生なんてザラなのでスタッフはほぼskitubeで上がる。ガソリン代も浮くしね。というよりSkitube daysというのがあって山の駐車場が広くないので、週末と学校の冬休み期間、スタッフは全員Skitubeで上がらなければならない。

 

お金事情

イントラの資格と経験年数で自給が決まる。APSI(Australian Professional Snowsports Instructor)はレベル1からレベル4まであり、APSI以外から来たイントラたちもその国のシステムのレベルを当てはめて時間給が決まる。

 

そうオーストラリアは時給がいい。最低時給が17ドルだか18ドルだか。レベル1のイントラでも自給20ドル、レベル4で10シーズンの経験があれば35ドルほど。1日4~7時間勤務。

たぶんレベル3から交通費および飛行機代も北半球で働いていた証明と航空券のレシートを提出すると全額出してくれる。最初のシーズンは片道分くらいしか出なかった記憶があるので、レベル1や2、ワーキングホリデーでは全額はでないのでしょう。ワークビザによって働く外国人イントラはワークビザを得るために$1000AUDオーストラリア政府へ支払わなければいけないから、その分を航空券代+アルファとして支給してくれるのだ。

 

 レッスンがもらえるかどうか、上級者、ハイレベルのレッスンか、初心者レッスンか、キッズか大人か、修学旅行、レースチームのレッスンというのも資格の種類やレベルによって優先順位が決まる。だからみんな資格取得には熱心だし、そのためのトレーニングも充実している。

 なぜ上の資格を取得しようとするのか?忙しくない時期、レベル1や2のイントラは時間をかけて山へ上がってきても2時間しかレッスンをもらえないで帰るなんてことや、1週間ずっと初心者、キッズのエリアからでられなかったなんてこともある。また“Stand byスタンド・バイ”と言って仕事へ行っても、レッスンをもらえなければお給料は派生しない。どんなレッスンがどれほどもらえるかというのはホントにシビアで、日本のSIA(スキー教師協会)のステージ1のときにペリッシャーへ来て、APSIのレベル2を取り、カナダCSIAのレベル3を経て、APSIレベル4になってつくづく実感する。

 

支出面

時給はいいけど支出も結構ある。何よりオーストラリア、家賃が高い。1週間200ドル前後。プラス、食費も光熱費も日本よりかかるので、まあ、自給が高いのも納得。

 

レッスン

これまでshit shows happeningだから面白い。もはや日本人相手のレッスンでは考えられないことがたびたび起こる。

 

大人のグループレッスン(1グループ6人Max 6)

クラス分けから口頭でやるので、ベテランイントラにそのレベルの真ん中だけ持っていかれたいしないようにうまく言いくるめ、自分で主導権を握ってクラス分けするに限る。

 

キッズのグループレッスン(5歳~15,16歳 Perisher Kids)

こいつが手ごわい。イントラの数が足りないと5~7歳児10人(上限は8人となっているけど、そうもいかないみたい)。マジックカーペットを行ったり来たり。ランチのお世話も一苦労。一人ひとりアレルギーや好き嫌い(これが半端じゃない!)を確認。今までのレッスンで最強の好き嫌いは8歳の女の子で、Vegemiteサンドイッチしか食べないという。みんな大好きフライドチキンラップもポテトチップスも嫌い。食べるのはベジマイトのサンドイッチのみ。オーストラリアに生まれてよかったね(皮肉)というしかない。

 

3~4歳児6人グループレッスン(Discovery kids)

これに回された日はたぶんスキーを履かないで終わる。涙、鼻水、よだれは覚悟のうえ。スキーのレッスンよりも、どうやって子どもたちを楽しませるか、泣かせないか、ご両親を思い出させないかの子どもとの対決。イントラのレベルなんて関係ありません。シャボン玉に水鉄砲を持ってきたイントラの勝ち!あの手この手で子どもたちを楽しませる。

 

プライベートレッスンPrivates

大人2人に4歳から10歳のこども3人の5人家族初心者なんてブッキングも。運動能力も、体力も、集中力も全然違う5人を教えるのは一苦労。そんな時はこんなブッキングをした人を恨みます。やりますけどね(笑)

すごいのは1日プライベートの価格。$897AUD!半日3時間$449AUD。子ども1人なんて時もあります。

 

Development(DEVOS and Minimites)

毎週末通ってくる子どもたちのグループ。毎週同じ子どもたちなのでルールもしっかり理解しているし、何がどこにあって、どうやってというのもわかっているので安心していられる。将来的にレーシングやモーグルにいくのか、フリーライド系にいくのかの手前の子どもたち。

 

School Groups

自由です。日本の修学旅行みたいに班も決まってないし、ゼッケンなんてないし、並ばないし、体力レベル、身体能力もばっらばら。ばらっばらにバスからぞろぞろ降りてきて(スキーは上下さかさま、ブーツのバックルは締まってない、小学生だとブーツ左右逆なんてことも)、その場で大まかなレベル分け、1班10人の班分けをイントラがし(一応、経験者班がある場合はイントラの資格・経験が上の人が持ちますが、“経験者”のレベルなんてたかが知れているので、ほぼ早い者勝ち。「オレ、この班持ってくから、バーイ」なんてことがしょっちゅう)、でレッスンスタート。2時間レッスンしたら解散。解散場所に学校の先生はいない。自分でお金も携帯もリフト券も持っているので帰りのバスの時間までフリースキー。そうそう、レッスン中に「先生、トイレ行ってきます」と言って連れ立ってトイレへ行った女の子3人組は軽く30分戻ってきません。もしくはそのままエスケープなんてことも。

 

f:id:snowtodirt:20170722135113p:plain

キノアとケールのサラダ

 

オーストラリアに来ると最近日本でも何かと話題の食べ物が安く手に入るので作ってみる。日本にいたらとてもじゃないけど、高くて手に入らないけど。

今回はキノアとケールとレンズ豆。

2回目はレンズ豆じゃなくてビーンズミックス。私の料理の基本はテキトー。あるもので作るのがモットー

f:id:snowtodirt:20170614123956j:image

 

材料

ノア  1カップ

ケール  3房

レンズ豆(もしくは豆ミックス、もしくはひよこ豆缶) 1缶

トマト  1個

紫玉ねぎ 半分

コリアンダー 1房

フェタチーズ 適量

 

ドレッシング

お酢 40㏄

オリーブオイル 40㏄

塩 少々

コショウ 少々

ヨーグルト 大匙2

はちみつ 大匙1

 

1.鍋にキノア1カップを水2カップに15分浸しておく。

ノアは鍋でお米を炊く要領で炊く。蓋をして強火、蓋がカタカタいって沸騰するまで強火。

蓋をして弱火にして15分。火を止めて、蒸らし15分。

2.紫玉ねぎは0.5㎝のサイコロに切り、水に浸し、ザルに上げて水気をきる。

3.レンズ豆缶はザルにあげて水気をきっておく。

4.ケールは茎をはずして葉っぱのみにする。1㎝のぶつ切りにする

5.トマトも1㎝四方のサイコロ切り

6.コリアンダーもぶつ切り

7.フェタチーズも1㎝四方のサイコロ

8.ドレッシングを混ぜ合わせる

9.ボールに全部を混ぜ入れて、出来上がり。

★要は食べたい大きさに野菜を切って、全部ボールに入れ、ドレッシングをかけて混ぜるだけ。

f:id:snowtodirt:20170614124013j:image

 

f:id:snowtodirt:20170614124031j:image

 

 

Op shop, Salvation Army

f:id:snowtodirt:20170613161727j:imagef:id:snowtodirt:20170613161758j:imagef:id:snowtodirt:20170613161804j:imagef:id:snowtodirt:20170613161819j:image

スキーシーズンが始まる前にスキーバムがこぞって行くところ。そうセカンドハンドショップ。Salvation Armyという教会組織が運営するお店で、各町にあるといっても過言ではないくらい、全国各地にあります。オーストラリアのみならず、全世界120か国でSalvosのサービスは提供されているそうです。生活に必要なほとんどのモノはここでそろう。売っているモノは寄付で、ボランティアによって成り立っているので品質は日本のOff houseや2nd streetには遠く及ばないけれど、4か月過ごすためのモノならそんなんで十分。服や靴が2ドルから40ドルくらい、ブランケットやテーブルクロスも5ドル程度、食器や調理器具が1ドルから、なんでもあります。スキーやスノーボードもありますが、正直使えるものかどうかはわからない(笑)。スキーウェアやグローブ、ゴーグルなどもあります。こちらは掘り出し物があったりなかったり。売り上げはSalvation Armyの運営資金になります。

 

またこのSalvation Army、無料ディナーを提供したりもします。もともとはホームレスへの食事提供や日本でも最近話題の「子ども食堂」的な役割を意味しているのですが、誰でもウェルカムなので、お金のない旅人、山関係で働く私たちは結構お世話になっています(笑) だいたい2~5ドル寄付して、ワンプレートのごはんが頂けます。こちらについてはそのうち書こうと思います。

トレイルランニング

f:id:snowtodirt:20170613154423j:image

Lake Jindabyneの周りにはトレイルランニングやマウンテンバイク(クロスカントリー)のトレイルが沢山。

ここだけじゃなくてオーストラリアのあちこちにこうしたトレイルがあります。

このトレイルを走るのが朝の日課。f:id:snowtodirt:20170613155229p:imagef:id:snowtodirt:20170613155259j:imagef:id:snowtodirt:20170613155429j:image

こんなのにも出会えます。

1人で走ってもよし、誰かと走ってもよし。誰もいない朝、1人で走るのが最近のお気に入り。

オーストラリア

オーストラリアのPerisherというスキー場でスキーのインストラクター生活をしています。初めのシーズンはワーホリできて、そこから毎年6月から9月まで働いています。雪質は日本に比べたら全然よくないけれども、カチカチに冷えたスロープはいい練習になるし、何より世界中から集まるイントラと滑れるのが嬉しい。

 

またカナダのWhistler Blackcomb, ニュージーランドのCardronaにもいたのでその辺りもボチボチ思い返しながら書いていこうと思います。

 

気長にオーストラリアのスキーイントラ生活を綴っていきます。

f:id:snowtodirt:20170613153903j:image